2011/05/02

食事がおいしく見える照明

打合せ室の照明を「高演色型蛍光灯」に取り替えました。
DSC_1185.jpg

室内で、タイルや塗装色の打合せをしたあとに、屋外でその見本を見ると、
色が違って見えることがあります。

それは、照明の種類によって色をうまく表現できないことが原因です。
トンネルの中でカラーの雑誌などを見てみてください。赤色が見えなくなります。
トンネルにつかわれるナトリウムランプは、「演色性が悪い」照明の一例です。

一般の蛍光灯も、演色性があまりよくありません。
微妙な色合いを確認したいときには、太陽光の元で確認するか、「高演色ランプ」を
つかうと良いです。

HR-0100.jpg


色が鮮やかに見えると、料理もおいしく感じますよ!
電球を併用するだけでも、ずいぶん改善します。お試しください。


o0512[1]  →  2[2]



二宮工務店WEB トップ
関連記事