2009/07/29

軟式ウレタンフォーム吹き付け

宇和島市本町追手の、木造二階建て温度バリアフリーの住宅
二宮工務店ではおなじみの断熱材「ウレタン吹き付けを実施しました。

uretan.gif
吹付ガンで液体を吹き付けると、すぐに約10cmの厚さに膨れ上がります。

これで全ての部屋が高性能な断熱材でスッポリと隙間なく覆われたことになります。
現場発泡ウレタンは、繊維系断熱材と比べて、気密性が求められる建物に向いた
断熱方法です。

今回は、土壌蓄熱式暖房「サーマスラブ」との併用で、真冬でも快適な室内環境を
保つことが出来ます。


・ウレタン吹きつけ断熱材について 日本パフテム MOCOフォーム

「温度バリアフリーの住宅」新築工事
・5月下旬  着工
・6月中旬  基礎工事
・7月初旬  上棟
・7月下旬  断熱工事
・9月末  完成

二宮工務店WEB トップ
関連記事
2009/07/19

長期優良住宅 補助金について

housen2.jpg



ちまたで話題の「長期優良住宅」。情報を更新します。

・日本の住宅の寿命は、諸外国と比べて短いといわれています。国民の収入はそこそこ高いのに、住宅にかかる費用の割合が高いため、なかなか「豊かな生活」が営めない状況にあります。

・「長く住める良い家(長期優良住宅)にすれば、経済的負担も減るし、環境にも良いですね」ということで、「長期優良住宅の優遇制度」が作られました。

・「長期優良住宅」と言うと、なにかすごい住宅を考えてしまいますが、以下の条件を満たすことで、認定を受けることが出来ます。
  ・床下・天井裏の点検が出来るようにしておくこと
  ・建築基準法の1.25倍レベルの地震に対して倒壊しないこと
  ・平成11年省エネ基準を満たすこと
  ・設備配管など維持管理更新をしやすくしておくこと
  ・75m2以上あること
  ・10年以内ごとに点検すること

・長期優良住宅にすると、次のメリットがあります
  (南予地域で、土地1000万、住宅1800万で2000万借りて25年で返す場合)
  ・所得税が10万円ほど安くなります。(注)
  ・登記のときにかかる税金が5万円ほど安くなります。
  ・固定資産税の減額期間が2年長くなり、10万円ほど安くなります。
  ・長期優良住宅普及促進事業」で補助金100万円がもらえます(予算枠に限り有り)

100万円の補助金は、二宮工務店くらいの規模の会社でしか適用されません。
(大手ハウスメーカーでは適用されません)
全国で約5000戸で締切だそうです。
二宮工務店では、現在2軒のエントリーを進めています。支払われた補助金は、全額お客様にお支払いいたします。(登録・認定のための費用をご負担いただきます)
長期優良住宅認定のために、断熱工事・サッシ工事などでグレードアップが必要になることがあります。

住宅新築のご予定がある方、お気軽にお問合せください。

8月7日までにエントリーを行う必要があります。
2月10日までに住宅を完成させ、実績報告を行う必要があります。



長期優良住宅普及促進事業

二宮工務店WEB トップ

注:新聞広告などで「住宅ローン控除600万円」と書かれていることがありますが、これは、5000万のローンを10年間1円も返済しない場合であって、実際にはこんなに控除されることは、なかなかありません。
関連記事
2009/07/19

ゆったりフリーモジュール住宅 基礎工事完了

宇和島市元結掛「ゆったりフリーモジュール住宅」。

地盤改良工事・基礎工事・浄化槽埋設工事を完了し、上棟の準備が整いました。

CA3D0568.jpg


現在は、工場で木材の加工を行っています。

8月2日の上棟式に向けて、順調に工事を進めています。



二宮工務店の「ゆったりフリーモジュール住宅」
6月上旬  工事着手
6月中旬  地盤改良工事
7月中旬  基礎工事
8月上旬  上棟
11月下旬  完成


設計・施工 株式会社二宮工務店
関連記事
2009/07/18

四季を感じ取れる家 気密検査

4月にスタートした鬼北町近永の木造住宅「四季を感じ取れる家」。
1層目の断熱工事が終了し、気密検査を行いました。

IMGP3361.jpg

快適な室内環境を作るためには、断熱材を分厚くすればよいというものではありません。
建物の隙間を塞ぐことは、計画的な換気を行うために必要なことです。
断熱・気密・通気などをバランスよく考慮することが重要です。

通常、相当隙間面積(C値)が1.0以下であれば「高気密住宅」と言われるようですが、
測定の結果は0.3。目標達成です。

8月2日(日)に、構造見学会を開催します。
外断熱の仕組みや、計画換気・気密検査・二重通気層について分かりやすくご紹介します。
お楽しみに。


IMGP3294.jpg
現在、外側に見えているのは1層目の断熱材。このあと、2層目の断熱材・外部通気層・外壁 の順で施工します。



遠隔地にお住まいのお施主様への作業報告ブログ 公開中


4月4日 地鎮祭
4月下旬 土工事
5月30日 木材加工
6月上旬 上棟
7月上旬 断熱下地工事
7月中旬 断熱工事・気密検査
8月初旬 構造見学会
10月下旬 完成


二宮工務店WEB トップ

関連記事
2009/07/17

アレスト恵美須 完成

2月1日にスタートした宇和島きさいやロード(商店街)のマンション「アレスト恵美須」。
本日完成しました。

CIMG5310.jpg

CIMG5312.jpg


家賃は月額48,000円だそうです。詳しくは、ナカタ不動産さんにお問合せください。


アレスト恵美須新築工事
2月1日  着手
2月11日 杭工事
2月19日 鉄骨検査
3月17日 鉄骨建方完了
4月28日 外壁工事
6月17日 足場撤去
7月17日 完成


設計・監理 兵頭 光 一級建築士設計事務所
施工     株式会社二宮工務店

関連記事
2009/07/12

明倫小学校耐震補強工事 全工程終了

今年2月にスタートした「明倫小学校耐震補強工事」全作業工程が終了しました。

CIMG5283.jpg

CIMG5291.jpg

CIMG5289.jpg

明倫小学校の先生方、児童の皆さんには長期間ご迷惑をおかけいたしました。
ご協力いただきましたおかげで、順調に作業を進めることが出来ました。
ありがとうございます。

今後、材料撤去や検査・写真撮影などで出入りさせて頂きます。
最後まで、よろしくお願いいたします。


明倫小学校耐震補強工事 専用ページ


明倫小学校耐震補強工事 視察会
明倫小学校耐震工事 スタート

二宮工務店WEB トップ
関連記事
2009/07/04

四季を感じ取れる家 外断熱下地

4月にスタートした鬼北町近永の木造住宅「四季を感じ取れる家」。
1階部分のTIP下地完了し、防蟻防腐処理を行いました。

IMGP3268a.jpg

IMGP3243.jpg

下地板を斜めに張る事で、壊れにくい、粘り強い家にすることが出来ます。
防蟻防腐処理の後は、外側に断熱パネルを貼り付ける作業に進みます。



遠隔地にお住まいのお施主様への作業報告ブログ 公開中


4月4日 地鎮祭
4月下旬 土工事
5月30日 木材加工
6月上旬 上棟
7月上旬 断熱下地工事
7月下旬 断熱工事・構造見学会
10月下旬 完成


二宮工務店WEB トップ



関連記事
2009/07/02

温度バリアフリーの家 上棟

宇和島市本町追手の、木造二階建て温度バリアフリーの住宅建物の形が姿を現しました。
CIMG5259.jpg


サーマスラブの熱を外に逃がさないため、「四季を感じ取れる家」と同様に、
基礎断熱工法を採っています。
R0012986.jpg


土壌蓄熱式暖房「サーマ スラブ」について詳しくは 
  ↓
「温度バリアフリー住宅」スタート
サーマエンジニアリング株式会社


「温度バリアフリーの住宅」新築工事
・5月下旬  着工
・6月中旬  基礎工事
・7月初旬  上棟
・10月末  完成

二宮工務店WEB トップ
関連記事